ドローンが故障したときに修理や点検をDJIアフターサービスセンターに依頼する手順

DJIドローン(Spark・Phantom・Mavic Pro・Inspireなど)を僕が好んで購入する理由が、その徹底したアフターサービスにあります。

慎重にドローンを操縦していても、万が一の事態が起こってしまい大切なドローンが破損・故障してしまうことが稀にありますね。このときばかりは大変絶望的な気持ちになりますが、安心してください。

ですがDJIの提供するアフターサービスセンターは、故障の際の大変心強い味方です。

そこで今回は、故障したDJIドローンの点検・修理を「DJIアフターサービスセンター」に依頼する方法とその手順を書いてみました。また、故障別に修理費用の目安も載せています。

ぜひ、最後までお付き合いください。

ドローン 太郎
DJIアフターサービスセンターは、日本人スタッフが迅速・丁寧に対応してくれますので大変心強いです!

 


目次

DJIドローンが故障したらアフターサービスセンターに依頼しよう!

ドローンの操縦に関しては慎重に、そして正確に行う方がほとんどだと思います。しかしいかに慎重に操縦しても、またいかにDJIドローンが優れていても、上の写真のように大切なドローンを故障させてしまうことは稀にあります。

故障まではいかなくても、壁に接触させてしまったりプロペラが破損してしまったり・・などの些細な故障も、ドローンを購入したら必ず通る道ですね。

そんなときはかなり落ち込むかもしれませんが、「人やモノに危害を与えなくて良かった」「自分のドローンだけの故障で良かった」と思うと、かなり前向きな気持ちになれます。

とは言っても、故障や破損したからには修理をする必要がありますね。

DJIストア楽天市場店」で購入しているドローンであれば、実はDJIのアフターサービスを気軽に受けることが可能なことをご存知でしたか?

アフターサービスセンターというDJI製品のアフターサービスを専門に行う部署にメールにて連絡を入れると、ドローンの修理や点検などを迅速・丁寧に対応してくれます。

DJIアフターサービスセンター

support.jp@dji.com(日本事務所/日本人スタッフ対応)

今回の記事では、ご自身が購入されたDJIドローンが破損・故障された場合に、DJIアフターサービスセンターにて修理・点検を行ってもらう手順や注意点などをまとめてみました。

▼ DJIアフターサービスセンターに依頼をする手順

※今すぐDJIアフターサービスセンターに修理・点検をお願いする方法を知りたい方は、このまま記事を読み進めて頂くか、上のリンクに飛ぶとご覧になれます

 

代理店で購入したDJIドローンでも修理や点検はしてくれる?

DJIドローンは、公式ストアからの購入以外にも販売代理店経由で購入することが可能です。

そのためよく「代理店で購入したDJIドローンは、DJIアフターサービスセンターにて修理・点検をしてくれますか?」という質問を頂きます。

結論から先にお話すると、代理店経由で購入されたDJI製品(ドローンを含む)に関しては、代理店へ直接お問合わせをされる必要があります・・。

代理店からDJI本社へ連絡を入れ修理を行うようですから、通常の手順よりも日数・手数料ともに高くなってしまうようですね。

また、代理店によって対応の良し悪しもバラバラだとお聞きすることもあります。

代理店から購入される理由が特になければ、次回からは普通にDJI公式ストアまたは楽天市場ストアから購入された方が、(大きな声では言えませんが)良いかもしれませんね。

 

注意点:DJIドローンの外箱(ボックス)は取っておくと便利です

余談ですがDJIドローンを購入された際は、必ず上のような外箱を保管して置かれることをおすすめします。

特にDJIアフターサービスセンターへ修理に出される場合は、当然ですがご自分でDJI日本事務所(神戸)へドローンを発送する必要がありますね。

そういった場合の梱包に大変便利なのが、DJIドローンの外箱です。

既に捨てられてしまった方は仕方がありませんが、ぜひ次回からは保管されておくと大変便利かと思います。

▼ DJIストア楽天市場店

 

DJIアフターサービスセンターで点検・修理を依頼する場合のメリット&デメリット

上でも触れましたが、DJIアフターサービスセンターの対応は本当に優秀で、かなり安心感が持てます。

DJIは中国企業ではありますが、その辺の代理店よりも遥かにレベルの高い対応をしてくれますね。その理由は、やはり神戸にDJI Japan(日本事務所)を設置し、サポート業務を日本人スタッフが担当しているからでしょうか。

ただしデメリットもありますので、ここからはメリットとデメリットの両方をご説明します。

ドローン 太郎
DJIアフターサービスセンターには、いつも本当にお世話になっています!

 

メリット:代理店よりも迅速・確実・割安!

まずメリットですが、DJIが直接運営をするアフターサービスセンターですから、対応が迅速かつ確実です。さらに他の代理店を一切通していませんので、当然ながら点検・修理費用は最安値ですね。

一方、代理店を経由して点検・修理をお願いすると、残念ながら勝手が違ってきます。

代理店を経由してしまうと・・

ユーザー ⇛ 販売代理店 ⇛ DJI ⇛ 販売代理店 ⇛ ユーザー

というように代理店を経由してしまうと、時間や費用ともに余計にかかってしまいます。

そのため、何度も言いますが(大きな声では言えませんが)、DJI公式ストアまたは楽天市場ストアから購入されることをおすすめします。

 

デメリット:メール対応のみなので緊急の依頼は難しい・・

ただし、DJIアフターサービスセンターにもデメリットが存在します。そのデメリットとは、「メール(support.jp@dji.com)対応のみ」だという点です。

残念ながら今のところ、修理・点検を依頼するのは全てメールだけでの対応となりますから、緊急の依頼は難しいですね。

ただしメール対応と言っても、DJIアフターサービスセンターからの返信は大変迅速で、お問合せをした当日もしくは翌営業日までには的確な返答があります。

かなり優秀な日本人スタッフの方がいらっしゃり、いつも感心してしまいますね(ありがとうございます!)。

 

DJIアフターサービスセンターの点検・修理に関する評判&口コミ

ここでは、DJIドローン・ユーザーが感じた「アフターサービスセンター」の率直な感想をいくつかまとめてみました。対応が良かったとTwitterで投稿されている方をピックアップしています。

DJIでドローンを購入される際の参考にされてみてくださいね。

DJIアフターサービスセンターの評判と口コミを見る必要がない方は、そのまま読み飛ばして頂き「修理・点検を依頼する手順」をご覧ください。

 

アンドージュンさん(Mavic Pro)からの評判&口コミ

※無償交換は僕の経験する限り、大変レアなケースです(通常は有償対応)。

 

Hiroto.Takezakiさん(Phantom)からの評判&口コミ

※販売代理店によっては、大変好意的な対応をしてくださるお店もあります。

 

MIDORIさん(DJI Spark)からの評判&口コミ

※修理費用で10万円も請求されるケースはかなり稀です(僕は聞いたことがありません)。

 

SALATARO(Mavic Pro)さんからの評判&口コミ

※点検・修理の際に新品で戻ってくるケースは、ドローンの破損・故障の程度によります。

▼ DJIストア楽天市場店

 

DJIアフターサービスセンターにドローンの点検・修理を依頼する手順

ここからは、この記事の本題でもある「DJIアフターサービスセンターにドローンの点検と修理を依頼する手順」をまとめました。

実際の手順はかなり単純で、大きく分けて下の5つです。

「点検・修理」までの手順一覧

  1. メール(support.jp@dji.com)もしくはコンタクトフォームより依頼する
  2. 返信メールに添付された専用シートを印刷し詳細を記載する
  3. 専用シートと故障した機体(または部品)を梱包してDJIアフターサービスセンターに発送する
  4. 点検後にメールされる「見積もり書」を確認後に同意の返信をする
  5. 修理完了後ドローンが返送される際に点検・修理費用を支払う

また、依頼に当たっての注意点として先に述べておきますが、DJIアフターサービスセンターで破損・故障したドローンを「点検してもらう」だけでも費用が発生します。

ただし代理店と違い小さな金額(だいたい1万円以内)ですので、ご安心くださいね。

ドローン 太郎
ここからは、上の5つの手順を順番にさらに詳しくご説明します!

 

①メールもしくはコンタクトフォームより依頼する

まずはじめに、DJIアフターサービスセンターに点検・修理依頼の旨、メールします(support.jp@dji.com)。もしくは上の写真のように、「DJIアフターサービスセンター」のページから、フォームに沿って入力します。

DJIアフターサービスセンターのフォームからお問合わせする場合は、フォームに沿って入力すれば問題ありません。

一方、メールにてお問合わせをされる場合は、以下の内容を記載ください。

点検・修理のお問合せメールに記載する項目

  1. 氏名
  2. 製品名
  3. 電話番号
  4. 破損・故障の症状

※破損・故障した箇所の写真を添付されると、DJIよりさらに的確な返答を頂けます。

なお、以前まではメールのみでのお問合わせでしたが、現在は「DJIアフターサービスセンター」ページにあるフォームより入力される形でも問題ありません。

 

②返信メールに添付された専用シートを印刷し詳細を記載する

お問合わせ当日または翌営業日に、DJIアフターサービスセンターより返信があります。

メールに記載されてた情報に不備がなければ、返信メールに添付された「専用シート」に必要な情報を記載して印刷します(※不足部分があれば、メールのラリーが何度か続きます)

なお、自宅に印刷機(コピー機)がなければセブンイレブンなどのコンビニをご活用ください。

 

③専用シートと故障した機体(または部品)を梱包してDJIアフターサービスセンターに発送する

印刷した専用シートと破損または故障した機体(もしくは部品)を一緒に梱包し、DJIアフターサービスセンターに発送します。

梱包は上でも少し触れたように、DJIドローンを購入されたときに付いてきた外箱を活用すると大変便利です。

なお、DJIアフターサービスセンターへの発送は、郵便局・ヤマト運輸・佐川急便など特に指定はありませんので、お近くの店舗にてお手続きをされてください。

※当然ですが、「送料」は元払い(つまりご自身で支払う必要があります)。

 

④点検後にメールされる「見積もり書」を確認後に同意の返信をする

発送されました破損・故障したドローンがDJIアフターサービスセンターに到着後、先ずは数日間かけて点検作業に入ります。

症状の程度にもよりますが、点検の日数は最大1週間程度ですね。

多くの場合、3〜4営業日もあれば点検が完了している様子です。点検が完了後、DJIアフターサービスセンターより「見積もり書」がメールにて添付されます。

その内容に不備・不満がなければ、修理を「同意」する旨をメールにて返信してください。

※なお、見積書の形式は英語になっていますが、日本人スタッフが当然ですが日本語にて案内してくれます。

 

注意点:点検費用は必ず発生します!

見積書を確認する際の注意点として、(上でも軽く触れましたが)点検をお願いした段階で既に「点検費用」が発生しています。

この点検費用は、必ず支払う必要がある料金ですね。

DJIアフターサービスセンターの点検は大変優秀で、ご自分が把握している点以外でも何か破損または故障などがないかどうかも、入念にチェックしてくれています。

 

⑤修理完了後ドローンが返送される際に点検・修理費用を支払う

損傷・故障したご自分のドローンの修理が完了すると、DJIアフターサービスセンターより完了および返送をした旨のメールが届きます。

修理に必要な日数は、症状の程度にもよります(1ヶ月以内というのが多いようですね)。

ご自宅にてDJIアフターサービスセンターから返送された修理済みのドローンを受け取ったら、その場で配送業者さんに修理費用+配送料を支払います。

修理費用の支払方法と注意点

  1. 点検・修理費用は代引きで、受取時に現金支払い
  2. 送料+代引き手数料がかかる(約2,000円前後)

以上が、DJIアフターサービスセンターに点検・修理を依頼して、受け取るまでの手順です。

 

修理後のDJIドローンが受け取ったら必ずやるべきこと

最後に修理後のDJIドローンを受け取った後に、必ずやっておくべきことを記載します。

破損・損傷の程度によって修理時に「本体製品番号(シリアル番号)」が変更する場合があります。そのため、本体製品番号が変更している場合は、必ず再度DJI(無償付帯)賠償責任保険への再加入手続きを行ってください。

当然ですが保険への再加入手続きが必要な場合は、DJIアフターサービスセンターより「保険登録情報の変更手続きについて」という書面が、修理後のドローンと一緒に送られてきます。

DJIドローン保険のまとめ記事

無償付帯賠償責任保険をはじめ、3つのDJIドローン保険の違いからメリット・デメリットまでを詳しく解説しています。

参考:DJIドローンを購入したら必ず加入すべき無料のおすすめドローン保険とその加入方法

なお、本体製品番号の変更がない場合は、DJIドローン保険への再加入手続きは必要ありません。

 

 

まとめ

今回の記事では、DJIドローンを破損・故障させてしまった際に、DJIアフターサービスセンターへ点検・修理を依頼する手順について詳しく書いてみました。

まとめとして最後にもう一度、依頼する手順を箇条書きで掲載します。

「点検・修理」までの手順一覧

  1. メール(support.jp@dji.com)もしくはコンタクトフォームより依頼する
  2. 返信メールに添付された専用シートを印刷し詳細を記載する
  3. 専用シートと故障した機体(または部品)を梱包してDJIアフターサービスセンターに発送する
  4. 点検後にメールされる「見積もり書」を確認後に同意の返信をする
  5. 修理完了後ドローンが返送される際に点検・修理費用を支払う

なお、何度も言いますが(大きい声では言えませんが)、販売代理店から購入された場合の点検・修理費用または完了日数は大幅に異なることがあります。

そのため僕は必ず、DJI公式 楽天市場ストアにてドローンを購入するようにしていますね。

どこで購入するのが最もおすすめ?

DJIストア楽天市場店公式ストア

僕がDJIドローンを購入するときは、楽天ポイントも貯まる「DJI 楽天市場ストア」を活用しています。なお下の記事では、DJI 楽天市場ストアの評判や口コミ情報なども詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

参考:DJI 楽天市場ストアからドローンを購入する3つのメリットと評判&口コミまとめ

▼ DJIストア楽天市場店

DJI,ドローン,楽天市場,ストア,

ABOUTこの記事をかいた人

FLY DRONE .jp 管理人、兼DJIドローン操縦士見習いのドローン太郎です。DJIドローン好きが高じて本業(不動産会社営業職)とは別に、人づてのみではありますが「空撮」のお仕事をいただいたり、「当サイト」の運営などを行っています。既存DJIドローン・ユーザーの方も、はじめてDJIドローンの購入を検討されている方も、当サイトの情報がお役に立ちましたら幸いです!