DJIドローンを購入したら必ず加入すべき無料のおすすめドローン保険とその加入方法

DJIがPhantom(3・4・Pro・Advanced)・Mavic Pro・Spark・Inspire(1・2)などのドローンを対象に、初年度無償(無料)で加入できるドローン保険を提供していることをご存知でしたか?

DJI 公式ストア(または楽天市場ストア)で購入した全ての方、あるいはドローンが対象です。

そこで今回は、DJIドローン保険(無償付帯賠償責任保険)のメリットと無償で加入する方法についてまとめてました。また、その他にDJIが提供している2つのドローン保険(賠償責任保険・機体保険)についても詳しく記載しています。

これからDJIドローンの購入を検討されている方はもちろんのこと、既にお持ちの方も参考にしていただけましたら幸いです。

ぜひ、最後までお付き合いください。

ドローン 太郎
ドローンの操縦には最新の注意を払うことが大変重要ですが、万が一のトラブルのために賠償責任保険に加入しておくことも、同じくらい大変重要なことです!

 


ドローン保険に加入するメリットは「万が一のリスクに備えるため」

DJIドローンの購入を考えた際に、万が一のトラブルに備えておくことは大変重要です。例えば、操縦を誤ってしまいせっかく購入した高額なドローンを落下させてしまうかもしれません。

墜落して自分のドローンが故障するだけなら、自腹で済むため良い方かもしれませんね。最も慎重に懸念すべきことは、落下あるいは墜落させて「建物や人物に危害を与えてしまうリスク」にどう備えておくかです。

ただし前提条件として、航空法および飛行可能区域での操縦を必ず遵守してください。

航空法と飛行可能区域のまとめ記事

ドローンを操縦する上で押さえておきたい航空法と、最も簡単に自宅近くの飛行可能区域を探す方法など、ドローン初心者が知っておくべき事柄について分かりやすくまとめています。

参考:ドローン航空法を徹底解説!規制対象200g以下の重量制限とは?飛行禁止区域ってどこ?

さて、墜落のリスクに対して最大限に備えるためには、「ドローン保険」への加入をおすすめします。ドローンは車やバイクと同じよに、万が一の事故やトラブルに備えてさまざまな保険が既に存在していますね。

これらの保険は一般的に高額なものが多いですが、DJIドローンユーザーは「賠償責任保険」に限りなんと初年度無償で加入することが可能です(DJI無償賠償責任保険)。

そこで今回は、無償賠償責任保険を含め3つのDJIドローン保険についてまとめてみました(※これらの保険は、「DJIストア楽天市場店」から購入したドローンのみが対象ですのでお気を付けください!)。

DJI無償付帯賠償責任保険の詳細と加入方法だけが直ぐに知りたい方へ:このまま記事を読み進めていただくか、または「DJI無償付帯賠償責任保険の補償内容と加入方法」をクリックするとその項目へ今すぐ飛ぶことができます。

 

DJIドローン保険の3つの種類

DJIドローンを対象とした保険会社の大手は「エアロエントリー株式会社」と言って間違いありません。DJIドローンユーザーの多くが必ずこの保険会社を利用しています(もちろん僕も加入しています)。

エアロエントリー株式会社は、DJI JAPAN(日本事務所)と保険会社大手・三井住友海上火災保険株式会社が提携し、新たに設立されたドローン専用の保険会社です。

三井住友海上火災保険株式会社が取扱保険会社ですので、他社とは安心感の大きさが違いますね。

余談ですが、エアロエントリー株式会社はDJIドローン保険の取り扱い以外にも、ドローン講習やドローン操縦技術に対して正しい知識の習得をサポートする活動も行っています。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、ここからはエアロエントリー株式会社が取り扱う3つのDJIドローン保険についてご紹介します。

DJIドローン保険の3つの種類

  1. DJI無償付帯賠償責任保険(DJIドローンならば初年度のみ無償で加入可能)
  2. DJI賠償責任保険(①よりも補償内容の充実した有料保険)
  3. DJI機体保険(機体の破損などを補償する有料保険)

DJI無償付帯賠償責任保険への加入だけでも問題ありませんが、他のドローン保険についても知識として知っておくことは、リスクに対しての強力な備えにもなりますね。

では、1つずつ詳しく見ていくことにしましょう。

ドローン 太郎
僕がはじめてDJIドローンを購入したときは保険制度が未整備でしたが、今ではDJIが直接手がける保険もできましたので安心して空撮を楽しめますね!

 

①DJI無償付帯賠償責任保険

DJI 公式ストア(楽天市場店)より購入したドローンであれば、DJIが公式に提供している「DJI無償付帯賠償責任保険」に加入することができます。

このDJI無償付帯賠償責任保険は、文字通り無償でDJI 公式ストア(楽天市場店)で購入したドローンに限り「初年度無償」にて賠償責任保険を付帯することが可能なわけですね。

なお、2年目以降は次項でご説明している「DJI賠償責任保険(有料)」へ任意で切り替えをする必要があります。

DJI無償付帯賠償責任保険の種類

  1. 限定利用プラン(ホビー/趣味で飛行させるユーザー向け)
  2. 標準プラン(法人/個人事業主ユーザー向け)

上のように、DJI無償付帯賠償責任保険には「①限定利用プラン」と「②標準プラン」の2つが存在します。

購入されたDJIドローンを趣味目的で飛行させる方は「限定利用プラン」に加入し、商用(空撮・測量など)目的でDJIドローンを飛行される法人または個人事業主の方は「標準プラン」に加入されて下さい。

これら2つの保険は、当然ながら補償額も条件も異なっています(※DJI無償付帯賠償責任保険の詳細は次項の「補償内容と加入方法」にて詳しく記載しています)。

 

②DJI賠償責任保険

続いてご紹介するのが、DJIドローンを購入後2年目以降に任意加入できる「DJI賠償責任保険」です(もちろん初年度でも、DJI無償付帯賠償責任保険と同時加入することも可能です)。

またDJI賠償責任保険の年間保険料は、基本保障支払限度額(補償額)と加入タイミング(月)と加入プラン(A・B・C)によって異なります。

DJI賠償責任保険の各プラン(Aプラン・Bプラン・Cプラン)の補償額と、年間保険料は以下の表をご覧ください。

※DJI賠償責任保険は本年の1月10から翌年の1月10までの1年契約となりますので、例えば8月に加入された場合は8月から1月10日までの約6ヶ月分が年間保険料です(詳しくは、エアロエントリー株式会社の「DJI賠償責任保険」にてご確認ください)。

 

③DJI機体保険

最後にご紹介するのが、購入したドローンを操作ミスや強風によって万が一、機体を破損させてしまった場合に補償してくれる「DJI機体保険」についてご紹介します。

このDJI機体は、つまり上でご紹介しした2つの保険と違い「ドローンの機体そのもの」にかける保険です。

メリットとしては機体が破損した場合でも修理費を安く抑えることが可能なことと、機体以外にも機体に搭載するジンバル・伝送装置・カメラ・センサーなどメーカーに問わず全て補償してくれる点ですね。

補償額と年間保険料は以下の表をご覧ください。

※DJI機体保険は本年の1月10から翌年の1月10までの1年契約となりますので、例えば4月に加入された場合は5月から1月10日までの約11ヶ月分が年間保険料です(詳しくは、エアロエントリー株式会社の「DJI機体保険」にてご確認ください)。

 

DJI無償付帯賠償責任保険の補償内容と加入方法

ここからはDJIが公式に提供するドローン保険の1つ、「DJI無償付帯賠償責任保険」の詳しいご説明と加入方法を記載しています。

DJI無償付帯賠償責任保険とは、初年度のみ無償で加入できるDJIドローンユーザー限定の保険のことで、万が一の対人・対分事故の際の賠償責任を補償してくれる優れた保険のことですね。

ただし「DJIストア楽天市場店」からの購入が必須となり、他のDJI販売代理店からドローンを購入された場合は、対象外となる場合がありますのでお気を付けください。

さて、DJI無償付帯賠償責任保険には大きく2つの種類があります。

DJI無償付帯賠償責任保険の種類

  1. 限定利用プラン(ホビー/趣味で飛行させるユーザー向け)
  2. 標準プラン(法人/個人事業主ユーザー向け)

つまり個人がホビーや趣味目的でDJIドローンを飛行させる場合に加入できる「①限定利用プラン」と、法人または個人事業主の方が商用(空撮・測量など)目的としてDJIドローンを飛行させる場合に加入する必要がある「②標準プラン」の2つに分類されます。

<限定利用プラン>

  1. 対象:ホビー・趣味目的のユーザー
  2. 補償内容:1事故につき1億円まで(対人・対物合算)+交通死亡・後遺障害保険金100万円
  3. 免責金額(自己負担額):なし(0円)

<標準プラン>

  1. 対象:法人・個人事業主のユーザー
  2. 補償内容:1事故につき対人1億円・対物5千万円まで
  3. 免責金額(自己負担額):5万円(1事故につき)

各プランの補償内容や補償額については下で詳しく見ていきますが、上の表ではひとまず各プランの違いについて簡単にまとめてみました。

ドローン 太郎
DJI無償付帯賠償責任保険は登録制の任意保険ではありますが、法人・個人事業主の方はもちろんのこと、趣味としてDJIドローンを購入された方も、必ず加入されることをおすすめします!

 

DJI無償付帯賠償責任保険の対象ドローン

次にDJI無償付帯賠償責任保険が適用されるDJIの「対象ドローン」についてご説明します。

基本的には、今発売されている(または、これから発売される)ドローンが対象になっていますのでご安心くださいね。

DJI無償付帯賠償責任保険の対象ドローン

Spark・Mavic Pro・Phantom 4 Pro・Phantom 4 Adv・Phantom 4・Phantom 3 Professional/Advanced・Phantom 3 Standard・INSPIRE 2 シリーズ・MATRICE 100・AGRAS MG1

なお各ドローンについての詳細は、下の過去記事もあわせてご参考にされて下さい。

▼ DJIストア楽天市場店

 

【①限定利用プラン】DJI無償付帯賠償責任保険の補償内容

DJI無償付帯賠償責任保険の補償内容1つ目は、ホビーや趣味目的でドローンを飛行させる方を対象とした「①限定利用プラン」についてご説明します。

限定利用プラン
補償の対象者 標準プランに該当しない方(法人、個人事業主の方は登録できません)
用途例 ・撮影した映像・写真を、ご本人やご家族でのみで楽しまれる方
・撮影機器を利用せず、操縦を楽しまれる方 等
対象となる製品 今回ご購入いただいた対象製品のみ(複数台ご購入の場合は全機種を登録ください)
1事故/年間通算支払限度額 1事故につき1億円まで(対人・対物合算)+交通死亡・後遺障害保険金100万円
1事故あたりの免責金額(自己負担額) なし
主な補償の種類 ・損害賠償金【示談代行サービス付】
・傷害死亡
・後遺障害保険金
補償期間 登録票手続き日(※)の翌日午前0時から1年間(※登録に不備があった場合は、お電話等で確認が完了した日)
補償事例 ・操作ミスにより機体が落下し、通行人を負傷させてしまった
・着地操作を誤り機体が駐車していた車に接触し、破損させてしまった 等

上の表は、ホビーや趣味目的でDJIドローンを飛行させる方を対象とした「①限定利用プラン」の詳細です。万が一の事故において、免責金額(自己負担額)が発生しない点が、②標準プランと大きく違う点ですね。

対人・対物に対する事故に最大合算で1億円まで対応してくれるのは、かなり安心感が持てます(もちろん、飛行可能区域で事故をしないように安全飛行をさせるのが第一条件です!)。

①限定利用プランの注意点としては、撮影(空撮)した映像をあくまで本人やご家族のみでシェアし合う場合が対象です。

つまり法人・個人事業主の方ではなくても、Facebook・Instagram・YouTubeなどのSNSに空撮写真・動画をシェアまたは公開されるのであれば、必ず次の「②標準プラン」に加入する必要があります!

 

【②標準プラン】DJI無償付帯賠償責任保険の補償内容

DJI無償付帯賠償責任保険の補償内容2つ目は、法人または個人事業主の方が商用(空撮・測量など)目的でDJIドローンを飛行される場合を対象とした「②標準プラン」についてご説明します。

標準プラン
補償の対象者 法人または個人事業主の方(表現活動、事業活動などに利用される方を含む)
用途例 ・法人、個人事業主で利用される方
・ご家族以外の第三者の為に操縦される方(報酬の有無は問いません)
・撮影した映像または写真をご家族以外に公開される方(インターネットやその他の方法で、映像・写真を公開される方で、プロ、アマチュアは問いません)
対象となる製品 今回ご購入いただいた対象製品のみ(複数台ご購入の場合は全機種を登録ください)
1事故/年間通算支払限度額 1事故につき 対人1億円/対物5千万円まで
1事故あたりの免責金額(自己負担額) 5万円
主な補償の種類 ・損害賠償金
・損害防止費用
・争訟費用
補償期間 登録票手続き日(※)の翌日午前0時から1年間(※登録に不備があった場合は、お電話等で確認が完了した日)
補償事例 ・操作ミスにより機体が落下し、通行人を負傷させてしまった
・着地操作を誤り機体が駐車していた車に接触し、破損させてしまった

次の表は、法人または個人事業主の方が商用(空撮・測量など)目的でDJIドローンを飛行される方を対象とした「②標準プラン」の詳細です。

万が一の事故において、免責金額(自己負担額)が5万円発生してしまう点が、①限定利用プランと大きく違う点ですね。

また、対人事故に対しては1億円・対物事故に対しては5千万円までと、①限定利用プランよりも若干補償額が低くなる点は、はやり商用目的でDJIドローンを飛行させるからでしょうか。

②標準プランの注意点としては、①限定利用プランと同じように商用利用ではなくても、インターネット上に公開される予定のある方も対象です。

つまりホビー・趣味目的でDJIドローンを飛行される方でも、撮影(空撮)された写真や動画をFacebook・Instagram・YouTubeなどにまたは公開されるのであれば、必ずこの②標準プランに加入する必要があります!

 

DJI無償付帯賠償責任保険の加入(登録)方法

では実際に、DJI無償付帯賠償責任保険への加入方法をご説明します。DJI無償付帯賠償責任保険の対象ドローンは、上でも書いたように「DJI 公式ストア(楽天市場店)」から購入したDJIドローンである必要があります。

それ以外で購入されたDJIドローン(中古品なども含む!)では、DJI無償付帯賠償責任保険の対象外となる可能性がありますので、購入前に十分お気を付けくださいね。

DJI無償付帯賠償責任保険の対象ドローン

Spark・Mavic Pro・Phantom 4 Pro・Phantom 4 Adv・Phantom 4・Phantom 3 Professional/Advanced・Phantom 3 Standard・INSPIRE 2 シリーズ・MATRICE 100・AGRAS MG1

これらのDJIドローンを購入すると、下の写真のように機体に製品番号(シリアル番号)が必ず1つ割り振られています。

その製品番号(シリアル番号)を確認できたら、DJI無償付帯賠償責任保険を提供している「エアロエントリー株式会社」の公式サイトを開いてください。

※ご購入されたDJIドローンの製品番号(シリアル番号)が見つけられない方も、エアロエントリー株式会社の公式サイトにて、詳しい場所を確認することが可能です!

エアロエントリー株式会社の公式サイトを開くと、「DJI無償付帯保険 登録票」という項目があります。

その登録票に本人の情報や、購入したドローンの情報を入力して「完了画面」が出てくれば、DJI無償付帯賠償責任保険への加入手続きは全て終了ですね(※ただし、入力内容に不備や漏れなどがあると、DJIから確認作業としてメールまたは電話が来る場合があります)。

それではDJI無償付帯賠償責任保険に加入したドローンで、快適で安全なDJIドローン・ライフをお楽しみください!

 

 

まとめ

今回の記事では、DJIドローンをはじめて購入された方あるいは今後購入を検討されている方を対象に、DJIが公式に提供する3つのDJIドローン保険についてまとめてみました(取扱代理店:エアロエントリー株式会社)。

では最後にまとめとして、これら3つのDJIドローン保険を振り返ってみましょう。

DJI無償付帯賠償責任保険

DJI 公式サイト(楽天市場店)で購入されたDJIドローンを対象に、初年度無償で加入できる賠償責任保険。ホビー・趣味目的で飛行される方を対象とする「限定利用プラン」と、SNSでの投稿や商用目的で飛行される主に法人・個人事業主の方を対象とした「標準プラン」という2つの保険プランがあります。

DJI無償付帯賠償責任保険の注意点としては、ホビー・趣味目的の飛行でも撮影(空撮)した写真又は動画をインターネット上でシェアするのであれば、必ず標準プランに加入することでしたね。

DJI賠償責任保険

DJIドローンを購入されてから2年目以降に、DJI無償付帯賠償責任保険と切り替える形で加入する有料賠償責任保険。年間保険料は最低12,000円からで、基本保障支払限度額(補償額)によって3つの保険プランから選択可能です。

商用目的でDJIドローンを飛行される方はもちろんのこと、ホビー・趣味目的で飛行される方でも2年目以降は、必ず加入されることをおすすめします。

DJI機体保険

購入されたDJIドローンを破損させてしまった場合に補償してくれる保険。メリットとしては機体が破損した場合でも修理費を安く抑えることが可能なことと、機体以外にも機体に搭載するジンバル・伝送装置・カメラ・センサーなどメーカーに問わず全て補償してくれる点です。

この保険は所有するDJIドローンのみに対してかける保険ですから、加入されるかどうかは任意となります(ドローンの操縦に慣れている方には、特別必要な保険ではないかもしれません)。

ぜひ、ドローンの使用用途や目的に合ったDJIドローン保険に加入されてみてくださいね(※初年度のDJI無償付帯賠償責任保険と2年目以降のDJI賠償責任保険への加入は必須です!)。

どこで購入するのが最もおすすめ?

DJIストア楽天市場店公式ストア

僕がDJIドローンを購入するときは、楽天ポイントも貯まる「DJI 楽天市場ストア」を活用しています。なお下の記事では、DJI 楽天市場ストアの評判や口コミ情報なども詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

参考:DJI 楽天市場ストアからドローンを購入する3つのメリットと評判&口コミまとめ

▼ DJIストア楽天市場店

DJI,ドローン,楽天市場,ストア,

ABOUTこの記事をかいた人

FLY DRONE .jp 管理人、兼DJIドローン操縦士見習いのドローン太郎です。DJIドローン好きが高じて本業(不動産会社営業職)とは別に、人づてのみではありますが「空撮」のお仕事をいただいたり、「当サイト」の運営などを行っています。既存DJIドローン・ユーザーの方も、はじめてDJIドローンの購入を検討されている方も、当サイトの情報がお役に立ちましたら幸いです!